新小岩幼稚園

  1. 入園案内・預かり保育
  2. 園の案内
  3. 1ねんの行事
  4. アクセス・通園区域
  5. お問い合わせ
  6. よくあるご質問
新小岩幼稚園について
保護者の声
令和2年度「涅槃会 劇の会」保護者の感想

年長さん保護者練習が始まった頃は、家では「ないしょ」「あんまりやってない!」と話をしてくれませんでした。お迎えの時に先生から大きな声でとても楽しく練習している事を聞かせていただき、驚きました。その帰り道に初めて「げき、とっても楽しい。いつも大きな声だねって言われるんだよ!」と、嬉しそうに話してくれました。「でも本番までお楽しみだから、家では練習しないんだよ!」と言われ、そうだったのか!と当日がますます楽しみになりました。
本番はみんな堂々としていて、お互いにサポートしながら取り組んでいて、さすが年長さんだなと感動しました。舞台のセットも立派で、これだけの劇を完成できたのは、子ども達も先生方も本当に頑張ったんだなと感じました。成長した姿を見ることができてとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

年長さん保護者幼稚園最後の劇の会、コロナ禍の中やって頂けて本当に良かったです。ありがとうございました。
本人も凄く楽しみだった様で、良く家でも色々話してくれていました。お友だちに「声が大きくて良かった!」と褒められたと、特にそこを頑張って当日を迎えていました。どのグループも皆、堂々としていてかっこよかったです!さすが年長さん!!小道具も衣装も子ども達で作ったと思えない程、上手でした!!ストーリーも含め、ほぼ園児だけでここまでよく頑張りました!楽しかったです!!

年長さん保護者前日からお母さん達が見に来ると緊張すると言っていましたが、当日は大きな声で元気に取り組んでいる姿が観られて本当に良かったです。当日、楽しんでもらう為にセリフは内緒だと言っていましたが、グループの友だちのセリフも覚えていて最初から最後まで一通り教えてくれる日もありました。
コロナ禍なので毎年月組が歌うビリーブが聞けない事が残念でした。

年長さん保護者 2学期末からたくさんの報告をしてくれていました。(りグル―プ)のいろんなトラブルも誰が誰とどんな言い合いになったか?その時自分はどうしていたか?ひとつの劇にするのに、とてもたくさんの経験が出来たのだなと感心して聞いていました。月組のグループが全て「感謝」がテーマになっていたことに本当に驚きました。大人が作ったアニメや絵本ではない、子どもの世界でした。当日までのプロセス全部が子どもの劇あそびだったのだと思います。異例の制約のある中でも開催をしてくださり、ご指導頂いた事に本当に感謝しております。ありがとうございました。

年中さん保護者 最初は「今日、劇の練習したの?」と聞いても「分からない、忘れた」という事が多かったのですが、劇が近づくにつれて、幼稚園で練習したことを教えてくれる様になりました。前日には劇の通しを自らやり始め、他の役のセリフも言ったりしていました。幼稚園で何度も練習してすっかり頭に入っているのだなと感心しました。当日は、年中さんってこんなにしっかりしてたかしら?とびっくりするほど、どの子もとても素晴らしい演技だったと思います。足でリズムを取る所も揃っていて良かったです。役ごとに服の色が揃っていたので、より劇っぽくなっていて良かったと思います。楽器演奏も、音程やリズムをしっかり取れていて感心しました。

年中さん保護者 みんな自分のセリフをきちんと言って、動作も覚えていて凄いなぁと思いました。みんなで劇を演じている作っているというのを感じました。自分のセリフが終わっても、劇終了まで、ちゃんと出演している意識があるのだと分かりました。我が子は劇のお話が決まった時から、セリフを言ったり、楽しみな様子が伝わってきました。初めクマと言っていたけど、最後にヤギを退治するハチになり、ヒーローになった感じでカッコイイ気持ちだったのかな。木琴をやる様子は、落ち着いて音を聞いてやっていそうだったので、成長を感じました。また楽しんでやれてそうだったので、とても良かったと思いました。

年中さん保護者 劇への取り組みが始まった頃から、家に帰ってくると、その日やった事を楽しそうに話し、「今度お母さんたちに見せてあげるんだって」と、当日を楽しみにしている姿がありました。家でも少し照れながらも、自分の取り組んでいる動物のリズムを見せてくれました。本人がとても楽しそうに、また自信を持って取り組んでいるのが伝わって来て、こちらも当日がとても楽しみになりました。前日の夜は、「明日はおうちの人に見せてあげる日だぁ♬」と言いながら「かぁかには、見せたから、違う人にしたいなぁ、明日とと(父)見に来られる?とと仕事なら、ばぁばかじぃじにしようかなぁ」などど、期待を持って楽しそうに話す姿がありました。当日出発間際になって「あぁ…やっぱりドキドキしてきた」と少し緊張の色も見られましたが、それも楽しんでいるようにさえ感じられる程、表情は穏やかでした。
劇の最中も、堂々としており、自信を持って取り組んでいる様子を見て、成長を感じました。日々の取り組みの中で「できた」「楽しい」という気持ちが、次への期待や自信に繋がっての劇の会だったんだなぁと、今回改めて感じる事が出来ました。

年中さん保護者 とても素敵な劇の会を見せて頂きありがとうございました。指導案からも一生懸命練習した事、たくさん話し合った様子が伝わってきて、私もとても楽しみにしていました。本人は「あと何回寝たら 発表会?」と毎日のように効いてきて、わくわく楽しみにしている様子でした。お友だちみんなのセリフを全部覚えてきて「こうやってやるんだよー!」とたくさんお話してくれました。当日はどの子もみんな真剣な表情で立派にセリフを言う姿を見る事ができました。1年前の劇の会の時とは違う立派な姿にもうすぐ月組さんになるんだなとしみじみ思い、胸があつくなりました。最後にハチがヤギの所に行き刺すと鼻が赤く腫れて痛がる姿はとても可愛かったです!

年少さん保護者 初めての涅槃会。初々しく、楽しそうな年少さんらしい涅槃会でした。Mは、いつもお風呂で、動物が出て来る順番に、その歌を歌っていました。本番より前も。本番が終わってからも。きっとMにとっては、本番の為に練習したというより、毎日繰り返しやって、楽しい事、だから繰り返しずっとやる、そんなイメージなのかもしれません。ひよこ組全員で、想像の世界でごっこ遊びをする、それが楽しいから今日も明日もまたやりたい。年少さんにとっての涅槃会は、そんな位置付けなのかもしれないと思いました。

年少さん保護者 当日までは、帰宅してから敷布団をステージにしてクマさんからうさぎさん役まで1人何役もして練習していました。中でも自分のねこ役は大好きで劇の練習をしていない時でもネコの真似をして遊んでいる日もありました。またホールで練習した日や、他のクラスに見せた日は嬉しそうに話していました。当日までも「『5』の日にお母さんが見に来てくれる!!」と張り切る姿も見受けられました。当日も大きな声を出して楽しそうに演じていて、良い経験となった事と思います。有難うございました。

年少さん保護者 年少になって初めての劇だったので、どう取り組むのか分からなかったのですが、本人が毎日の練習を凄く楽しんでいて見ていてこちらも本番が楽しみでした。先生から上手ですとお褒めの言葉を頂き、家でもたくさん褒めたので、本番の日になるまで毎日家で見せてくれて、本番は2歳の次男が一緒に歌えるほどでした。本番は他の子も拝見しましたが、歌もセリフも上手でちょうちょ組からの成長を感じました。当の本人は親がたくさんいて、少し緊張した面持ちでしたが、大きな声が出ていてとても感動しました。貴重な経験をさせて頂き感謝しております。来年もとても楽しみにしています。

年少さん保護者 家では色々な動物の歌を歌って楽しそうでした。初めはたぬき!次の日はねこ!またたぬき! ころころ変わって大丈夫?と心配にもなりました。ねこは家でとっても上手にやってくれて、ただたぬきに決めたと言ってからたぬきの歌は歌ってくれず、覚えられないのかなと思っていましたが、当日楽しそうにみんなで揃えてやっているのを見て園ではちゃんとやっているんだと安心しました。本人も毎日あと何回寝たらママが来てみるの?と聞いてきました。終わった後もどうだった?とっても上手だったよ!と言いました。この状況の中、子どもの頑張りはもちろん先生方も大変の保育をしてくださって感謝しかありません。子どもの成長を感じる事が出来た1日となりました。ありがとうございました。

年少さん保護者 初めて大勢の人前で何かを披露するという場で、とても緊張していたと思いますが、緊張しながらも必死に自分の役を演じていて感動しました。隣の子にお花を取って渡してあげる姿を見えて微笑ましかったです。家でもずっと登場する順番に全部の動物の身振りをしながら大きい声で歌っていて楽しみにしていて、当日も終わってから全部やりたかったと言っていて相当練習が楽しかったんだろうなと嬉しく思いました。私自身もこういう場が初めてでしたが、思っていた以上にみんなが堂々と演じて、自分の演技が終わった後も椅子に座り、しっかりと他の子の演技を見ている姿に感動しました。 来年の成長ぶりを見るのがすでに楽しみです。

  1. 教育理念
  2. 僕と私の1日
  3. 保護者の活動
  4. 保護者の声