江戸川区38の幼稚園が加盟しています。
各幼稚園より選出された役員を理事と呼び、理事とP連担当園長により運営されています。
新小岩幼稚園の理事は年長・年中各1名、計2名で任期は基本的に2年で活動しています。
P連の活動費は園児一人につき1,500円の会費と江戸川区からの補助で賄われています。
P連活動内容:幼児教育の発展と振興を目的とした保護者のための“研修会”や子ども達の観劇会等の開催、またその他必要な諸活動があります。
P連の詳しい活動内容は、機関紙「三輪車」に載っています。
 
 
『幼稚園と家庭の子どもの様子をお互いに知る』
『父母の学習の場』
『地域へのはたらきかけ』

この3つを基本に、父母会の活動を行っています。

会費 …… 月700円
趣味の会
父母会の活動を一層盛り上げるために、趣味の会が誕生しました。当初は、子どものためになるものをと、手作り玩具、無公害のおやつなどから始まりました。
活動は、運動会用未就園児のおみやげ作りほか、父母の親睦のために陶芸教室やリース作り等、趣味も多彩になってきました。多数のご参加をお待ちしております。
バザー委員(父母会主催幼稚園まつり)
2年計画で幹事会が中心になってバザーが行われてきましたが、平成16年度からは「新小岩幼稚園まつり」としてミニバザーに子どもの遊びコーナーを多くして、在園児から卒園生やその父母、そして地域の方々との交流の場として開催されるようになりました。
    
 新小岩幼稚園は創立75周年をむかえ、これまでに6,500人余りの卒園生を送り出しました。地域に根付く園の教育は親子三世代にわたり受け継がれています。
『新小岩幼稚園OB会』は、新小岩幼稚園の卒園生・卒園生の父母によって組織されている会です。新小岩幼稚園で培ったものをそれぞれの小学校・地域での活動に活かしていけたらという思いで発足されました。
 これからの子どもたちをとりまく環境は、今までにも増して地域のつながり・ひととの関わりが必要になってきます。いつでもこの新小岩幼稚園の「蝶花群飛 慈愛の園」にかえって、友人と遊び、語らい、学ぶことができる場であり続けたいと願っております。

 OB会は卒園児のお母様方の『お世話役(スタッフ)』が中心となり活動しています。
現在は、年に2、3回会報誌を発行し、新年度に向けて毎年1回総会を兼ねた懇談会を開いております。
 また卒園児保護者、在園児保護者向けに茶話会、ストレッチ教室なども開催しております。今後も手芸教室、読み聞かせの会など新しい企画をしていく予定です。
※今後の予定につきましてはホームページのトップページをご覧ください。